MENU

顔毛の永久脱毛

顔毛を脱毛すると化粧ノリがよくなったり、顔色が明るく見えたりと、いいことばっかりありますが・・すぐに生えてきてしまうという難点があります。そこで登場するのが永久脱毛!でも、永久脱毛には「医療脱毛」と「エステ脱毛」がありますよね。
では、この2つの違いがわかりますか?
同じように見える医療脱毛とエステ脱毛・・さて、いったいどこがどう違うのでしょうか?

 

医療脱毛

皮膚科・美容外科・美容皮膚科など医療機関で行う脱毛を「医療脱毛」といいます。

 

エステ脱毛

エステサロンで行う脱毛を「エステ脱毛」といいます。

 

医療脱毛とエステ脱毛の違い

2つの違いは主に・・

  • 脱毛機器の出力
  • 料金
  • 立地条件(通いやすさ)
  • 施術期間

 

となります。

 

医療脱毛のメリット・デメリット

脱毛機器は医療機器です。そのため、エステ脱毛に比べて機器の出力が強いので、施術回数は少なくすみますし、脱毛効果を十分に得ることができます。ただ、機器の出力が強い分、痛みが強くなるというデメリットがあります。次に費用ですが、医療機関だから費用が抑えられそうにみえますが、実際は案外高くついてしまうことに・・でも、医師という有資格者のもとでの脱毛となりますので、脱毛時に何か肌のトラブルがあってもすぐに対処することが可能となります。立地条件としては、駅から遠かったりと通いにくい場所にあることも・・また、テレビなどでみかける有名な病院は都市部に集中していることもあり、地方の方には通いにくいこともあります。

 

エステ脱毛のメリット・デメリット

エステの脱毛機器は医療機器ではなく、それに似た作りの機器となりますので、出力を抑えて作ってあります。出力が弱いので効果は低いのですが、その分痛みも弱くなります。キャンペーンなどを行っているサロンもあるので、費用にバラつきがあるのでサロンによっては費用を抑えることも可能・・ただ、脱毛行為を行うのは医師ではないので、脱毛時の肌トラブルの対処が遅れることもあります。都市部だけでなく地方にも進出しているサロンも多数あるため、地方の人でも通いやすい状況にあります。

 

それぞれメリット・デメリットがありますが、永久脱毛というと話が変わってきます。それは、永久脱毛が医療行為だということ。医療行為なので医療機関でないとできません。医療機関で行う永久脱毛法は2種類・・「医療レーザー脱毛」と「絶縁針脱毛」です。一般的なのはレーザーで、絶縁針脱毛はレーザーで残ってしまった顔毛の脱毛に行います。
永久脱毛と謳ってはいてもサロンでは永久脱毛はできませんので、惑わされないようにしてくださいね。

 

 

>>顔毛の脱毛に最適なサロンのランキングはこちら<<